首都圏に広がる直営「そば処」、明治九年創業を誇る伝統の味です。  
梅もと・弁当メニュー    


そば(うどん)に関するこぼれ話をご紹介します。より美味しくいただけれる一助になれば幸いです。

∴ 二八そばの由来 ∵
「二八」の看板

二八そばの由来には二つの説がある。2×8=16の語呂で一杯16文と云う代価説と、そば粉8割につなぎの小麦粉2割りで打ったそば、と云う混合率説である。一般的には後者が知られている説であろう。

この言葉は約300年前の文献「衣食住記」に「神田辺りにて二八即座けんどんといふ看板を出す」に残されている。

∴ 「そば切り」の起源 ∵
そば

そば打ち、つまりそば切りが一般大衆食として普及したのは江戸中期に入ってからのようで、農村などではまだ晴れの日の御馳走だった。

そば切りの所見としては、長野県木曽郡大桑村にある臨済宗妙心寺派定勝寺で1574年の仏殿の修理工事にそば切りを振る舞ったと云う記録がある。


∴ 庵のつく屋号が多いのは何故 ∵

江戸中期、浅草にある一心山極楽寺称往院と云う念仏道場の院内に道光庵と云う支院があった。ここの庵主が信州の出身でそば打ちが大変上手かった。

ここは寺方なので精進汁に辛味ダイコンの絞り汁を添えて檀家の人々に食べさせて評判になった。それが「そば切り寺」として広がり、その「道光庵」の名声にあやかろうと、当時のそば屋の間で庵号をつけるのが流行った。

「梅もと」のそば処「綱庵」の屋号もこれにあやかった。

∴ 年越しそばの由来 ∵
大晦日そばを食う図

鎌倉時代、博多の承天寺で年を越せない町人に「世直しそば」と称してそば餅を振る舞った。するとその翌年から運が向いてきた。以来大晦日に「運気そば」として広まった。

そば切りは細く長く伸びることから家運や寿命を伸ばすと云う縁起からきている。佐渡郡「寿命そば」、越前「のびそば」がある。

そばは切れやすいので一年の苦労や厄災、借金を切り捨てようと「縁きりそば」「年きりそば」「借銭切りそば」などとも云われている。その他地方によってもいろいろな説がある。

∴ 引っ越しそばの由来 ∵
 

江戸時代からの習わしで、「側」に引っ越してきたので「そば」、と云う江戸っ子の洒落もあったかは定かでないが、ご近所へは二つずつ、大家さんには五つ、と云う決まりもあったらしい。

費用が安くあがることや、細く長くおつき合い、と云った気持ちもあった。

∴ 「せいろ」は「蒸籠」のこと ∵
盛り

江戸時代、つなぎの小麦粉を使わなかった生粉打ちの為、茹でると切れやすかった。そばを湯通しではなく、こわ飯などと同じように蒸す方法もとり、蒸籠にもって出した。
そのなごりでもりそばを「せいろ」と云ったりする。本来は「蒸籠」は「せいろう」と読む。


 

「そば・うどん百味百題」柴田書店

*参考資料「そば・うどん百味百題」柴田書店


*この他のお話も随時追加して行きます。
二八そばの由来 >>
「そば切り」の起源 >>
庵のつく屋号が多いのは何故 >>
年越しそばの由来 >>
引っ越しそばの由来 >>
「せいろ」は「蒸籠」のこと >>
 
 
 
 
TOP >>
そば店鋪 >>
そばこぼれ話 >>
会社案内 >>
採用情報 >>
お問い合わせ >>
  COPYRIGHT (C) Umemoto Co.,Ltd. All Rights Reserved.